北八ヶ岳〔蓼科山〜稲子湯〕

―ゴールデンウィーク・死の大門峠―

2001年5月2日(木)〜5日(土)・メンバー:某M監督・自分


5月2日(水)

小雨のしのつくなか、メンバー2人と見送りのKが新宿に集合。あすから4連休のはずであるが、登山用のザックを持つ人の姿は少ない。
駅を出、まずは牛タン屋「ねぎし」で夕食。そして明日の朝飯の買出しにコンビニへ。決まりきった行動パターンです。

20時発のあずさ指定席に乗車。(むかしは3時間前に駅について自由席に座っていたが、当時はよっぽど暇人ばかりだったのだろう)
2時間ほどで茅野駅に到着。天気は・・・雨。しかも東京より雨脚が強い気がする。(→翌朝大変なことに)

新宿駅にて。見送りに来てくれたKは、この後帰路でも大活躍でした!

とりあえず茅野駅にて駅寝。あまりの寒さにテントを張る。


5月3日(木・祝) 天気:大雪→晴れ

今回の山行では、蓼科山の北側にある蓼科牧場からゴンドラリフトを使って登り始める計画のため、アプローチのバスを
途中で乗り換えなくてならない。まず茅野駅6:05の東白樺湖行きのバスに乗り、ここで佐久平駅行きのバスに乗り換えて
蓼科牧場は7:20到着予定。

が!朝から大変なことに。まず起きたら外が白い。全て白い。道も屋根も空き地も、そしてもちろん山も。
1Fのバス停に下りてみると、なんだか10cmくらい積もっている。これは山では30cmは積もってるな・・・

そしてここからが苦難の始まり。まずバスが来ない。30分遅れで到着も、運転手曰く「道が立ち往生してる車で通れない、かも」
まぁよい。とにかくこれに乗らないと登山が始まらん。同乗者は単独行の30代後半?男性1名のみ。睡眠不足を補うため、最後部に
横になり、爆睡・・・zzz・・・

小1時間ほどして、なにやらバスの外が騒がしく、目を覚ます。そ、そこに広がっていた光景は!
あ、いや別に雪で立ち往生した車(みんな都内ナンバーだった)が、延々と大門峠に続く道に連なっていただけなんですけどね。
大雪の上、急勾配の坂道にノーマルタイヤでは停止しているのが精一杯。なんとかドライバー同士が立ち往生した車を路肩に寄せ、
(←これもかなり困難だったが)
車を動かす人は、かな〜り興奮気味で、ある家族連れの車は、お父さん(運転手)が子供に「外を見るな!」と叫んでおりました。
で、それを聞いた外の人がまた逆ギレ・・・とにかく、バス1台が何とか通れるスペースを確保しての通行・・・
と、思いきや!今度は空いたスペースに、まるでロベカル並みの猛スピードでブラジル人の運転する車が突入!
ボンネットを叩いて立ち塞がる人、中指を突き立てて意味の判らんことを叫ぶ運転手。ここって日本、だよね・・・?

ちなみにそのとき、M監督は車内で爆睡してました。もう1人の単独行の人も寝てました。自分はすこし離れたところで(ピー)ションしてました。
自分たち(登山家)3人だけしか乗っていないバスを通すために、みんな頑張っているのに・・・

そして何とかバスを乗り換えたあと、ついた先の蓼科牧場は・・・

こんな感じっす。積雪30cm、しかも!リフト運行まであと2時間も!(係員が雪で立ち往生してるらしい)
ちなみにこの光景は、5月の八ヶ岳です。2月の北アルプスとかじゃないんで、その点、気をつけてください。(苦笑)

計画ではここからリフトで御泉水自然園へ登り、そこから歩き始める予定だったのだが、あと2時間も待ってられん。
ということでしぶしぶ雪の蓼科牧場に突入。

登る途中に振り返ると、雲の切れ間に見える美ヶ原が幻想的だったが、実際はラッセルに体力を搾り取られ、
バテバテでした。

ようやく御泉水自然園が見え始めた頃、ふと見上げるとリフトが、動いてる・・・?あ、2時間経っちゃってる・・・
コースタイム1時間ちょっとなのに・・・結局リフトに乗っても乗らなくても、到着時刻は同じでした。

(このころには、この山行が、なにやら前途ただならぬ展開となる気もしたが、さすがにこれぐらいがハイライトなんじゃないかと
思ってました。→結論、甘かった・・・)

蓼科山の登山口にて。まだまだ余裕が見られる。天気は回復し、暑くなってきた・・・
ここから蓼科山荘までは、コースタイムで1:30なのであるが、ラッセル、暑さ、荷物の重さ、そして体力不足に祟られ、
倍の3:00くらいかかる。今日はここからさらに2:20歩いた先の双子池キャンプ場まで行く予定なのだが・・・無理だろう。

とりあえず今山行のメインターゲット「100名山蓼科山」は目の前なので、しかたなく登ることとする。目の前ではあるが、
それなりに急斜面のため、往復1時間はかかる。

(蓼科山の山頂は本当に広かった。大きな岩がゴロゴロしていて歩きづらいが、野球場ぐらいの広さはあるんじゃないか?)

この後、双子池に向けて出発。トレースが完全に消え、雪で埋まったルートで藪漕ぎもどきを迫られる。
吹き溜まりではすぐに片足埋没。遅々として歩は進まず。日も西に傾き、ビバークが濃厚となる。
陽が完全に落ちる頃、双子池との中間にある山小屋に到着。小屋の人に断り、となりの広場にビバークさせてもらう。
そうそうに食事を済まし、明日に備えて寝ることとするが、それにしても先が思いやられる。GWの北八でこんな大雪に見舞われるとは。
地元の人も生まれて初めて、といっていたのだが・・・


5月4日(金・祝) 天気:快晴

今日は朝から良い天気のようである。が・・・

まずは昨日のうちに越えるはずだった双子山に登る。昨日の山小屋からはコースタイムで30分ほどなのだが、
解け始めた雪に足元を取られ、四苦八苦。重いザックにも難儀し、1時間以上かかって登頂。
双子山を越えると、こんどは双子池に到着する。ここからルートが二手に分かれる。
計画通り、右に行けば北横岳・茶臼岳・縞枯山を経て麦草峠へ。
反対に左に進めば林道を歩いて雨池周辺を経由し、麦草峠へ。

(これがGWの北八ヶ岳の積雪量とは思えませんな。小屋の主人も驚いてました。)

昨日&今日の双子山越えのラッセルに懲りたため、計画を変更し、標高差のない林道コースを行くこととする。
が、これがまたまた大きな誤り。かろうじてトレースは付いているのだが、逆に歩幅が合わず歩きづらい。
そのうえ陽射しを遮るものが何もない林道は、雪面からの照り返しもあり、灼熱地獄。
わずか2時間で顔面が触れないほど日焼けしてしまった・・・

途中ルートに迷いながらも(お約束ですな・・・)、なんとか麦草峠に到着。あとはここから20分ほどの白駒池にある
テン場に行くだけ。除雪され車の行き交う国道を歩き、観光客でにぎわう青苔荘を通り過ぎる。
テントを張り終え、一息ついたときは「あー明日は降りるだけだー」と、ほっとしたんですが、実はハイライトは
まだまだここからだったんですね・・・ヤマ場は。


5月5日(土・祝) 天気:曇り

今日は、白駒池から高見石に登り、中山峠からニュウを経て稲子湯に降りるコースタイム5:00のルートを計画していたのだが、
昨日までの状況を鑑み、1つ尾根を越えて(これも大した高さの尾根ではない)あとは稲子湯にむけて下るだけのラクチンコースに切り替えることとした。
コースタイムにしてわずか3:00。帰路の電車を考えて、7:00に出発することとする。

白駒池を大きく迂回し、先人のトレースに従って歩く。
途中水たまりのような場所を無理やり越えるところもあり、「随分ムチャなトレースだな・・・」と思っていたら、今度はT字の分岐に出会う。
あれ・・・?このルート、分岐なんて無いんだけどな・・・?途中でトレース踏み外したわけでもないし・・・
左に行けば・・・?右は・・・?地図やらコンパスやら太陽の位置やら、色々調べるが、現地点が何処か判らぬ。
ただトレースの方角的に、右のルートは白駒池に戻る方向だったので、左のトレースに進むこととする。

トレース自体は何人もの人が踏んだようなしっかりしたものだったし、どちらにしろ方向的には稲子湯に進んでいるのだし、
ただいったいここは何処なんだろう?という疑問を抱えたまま歩いていると、ルートは突然急な登りになる。
地図の等高線からするにこんな急な登りはないはずである。あるとすれば、1本隣のルート、白駒池からニュウへ登るルートなのだが、
そのルートと、今日歩き始めたときの道は、正反対である。???謎が深まる。

ものすごい急な登りを終え、尾根に出ると、こんどは今までしっかりしていたトレースが忽然と姿を消す。まるで騙されたかのような気分。
別に行きたい方向と別の方向にトレースが付いているわけでもなく、いきなり途絶える。
ここにこのトレースつけた人は、いったい何をしてたんだろう?
尾根の上に出たことは確かだったので、今度はここから下ることとするが、尾根をすこし下った向こう側に、古い赤い標識を発見!カモシカらしき足跡を追って
尾根を下ったのだが・・・

赤い標識は結局最初の1コだけで、途中からルートといえる状況ではなく、ほとんど崖に近い場所を降りる。
トレースも何もあったもんではなく、自分がどこにいるのかさえまったく不明。(→っていうか
遭難?

まずいな〜非常食、昨日食べちゃったしな〜燃料もあんまり無いし〜ま、歩くしかないな・・・ということで、とにかく歩くこととする。
ちなみに同行のMは20mくらい滑落してました&雨具を紛失!

1時間ほど崖を滑り降りると、沢に出る。地図を確認。・・・この沢、どこっすか?GPS無いんですか?携帯つながらないっすよ。
ま、下れば稲子湯でしょ?歩くしかなんじゃない?

沢を1時間ほど歩くと、ようやく本来のルートを発見。(このときは本当にホッとした。)稲子湯まで降りる。

予定より2時間ほど遅れてゴールの稲子湯に到着。怪しいオジサン(アル中?)に絡まれながらも
なんとか入浴を果たし、バスに乗る。

バスの中で帰りの電車を色々と検討する。小海駅から佐久平に出て新幹線で帰るか、小淵沢から
中央線で帰るか・・・結論としては見送りに来てくれたK@調布に迎えに来てもらう、であった。

小海駅から小海線で小淵沢まで1時間ちょっと。電車が小淵沢に着いたのと、車で調布を出て
中央道を走ってきたKが着いたのと、ほぼ同時でした。

今回はたかだか北八ヶ岳、2泊3日の手軽な山行、の予定でしたが、結果としては大雪あり、
アプローチに難あり、ラッセルあり、ビバークあり、すっごい日焼けあり、ルートミスあり、遭難あり、
そして最後に大渋滞あり、なんか濃かったですね。

戻る