雲取山〔奥多摩駅〜御祭〜(後山林道)〜三条の湯〜雲取山〜(石尾根)〜奥多摩駅〕 GW山行

5月3日(土)〜4日(日):晴(だったと思う。でも夜間だから不明)
参加者          :稲村@36期・上柳@34期


今年のGW山行は、連休が飛び石だらけの最悪な暦なので、たったの2日間しかありません。
ということで本当なら1泊2日の軽い山行となるハズなのですが、まあたまにはいつもと違ったこともよかろう、ということでオールナイトハイクを企画。
もともとは24時間ハイクという予定だったのですが、「いきなり24時間は・・・」ということで3/4に削り、18時間となったわけです。

一応、夕方6時に出発〜翌日の昼12時に到着という予定で、東京都最高峰、そして100名山でもある雲取山がターゲットに選ばれた次第です。
ルートはJR奥多摩駅近くに車を止め、バスにて登山口まで移動。御祭から後山林道を歩き、三条の湯を経由して雲取山に登頂後、長い長〜い石尾根を奥多摩駅まで
下山するというものです。


5/3〜4(土・日) 晴れ?曇り?

八王子駅にて稲村と待ち合わせ。
青梅での渋滞に苦心しつつ、15:30ごろ奥多摩駅到着。連休初日でもあり、駅周辺はハイキング客、キャンプ客でにぎわっている。
駅の近くの町営駐車場に車を停め、駅前から西東京バスの丹波山行きバスに乗る。

50分ほどで登山口の御祭バス停に到着。山の中の、なーんにもないバス停。後山林道入り口の標識だけがある。
軽く準備をした後、17:50に出発する。

三条の湯の手前まではひたすら林道を歩く。とくに書くことも無い。だんだんと陽が落ちるなか、白く浮かび上がる砂利道を延々と歩き続ける。
ときたま車が追い越したりすれちがったり・・・

2回ほど休憩を挟み、林道の終点に到着。ここからは本格的な山道歩きとなる。林道終点から三条の湯まで20分ほど。
三条の湯の山小屋は電気が煌々と付き、まるでどこかの温泉旅館のようないでたち。(実際、温泉もあるし)
到着した時刻が午後9だったが、宿泊客の人たちはギター弾いたり酒を飲んだり。

小休憩の後、雲取山を目指して登山を開始する。
尾根を巻きながらかなりの急坂を登っていくが、眠気に襲われて調子は出ないし、ちかくでサルの鳴き声が不気味なこと、この上なし。

結局、三条の湯から3回の休憩を挟んで3時間ほどで雲取山の山頂に到着。途中からは眠くて眠くてまったく脚に力が入らず。
時間的にも順調なことから、頂上にある避難小屋の軒下で仮眠でもしようとおもったのだが・・・・とんでもない間違いだった・・・・

午前1時、仮眠1時間後、猛烈な寒さに目を醒ます。Tシャツの上に雨具を着込み、シュラフカバーにくるまってコンクリートの床の上に寝ていたのだが、
寒い!寒すぎる・・・その後も眠さと寒さが交互に襲ってくる中、1時間ほど過ごす。

そして午前2時。ついにあまりの寒さに身の危険を感じ(マジで)仮眠を中止する。寒さに身が震え、靴紐を縛ることも精一杯。
なんとか起き上がり、暗闇の中に飛び出していく。

歩き出してしまえば身体も温まり、先ほどまでの震えもどことやら、奥多摩小屋や七ツ石山を超え、鷹巣山避難小屋を超えるごろに夜明けを向かえる。
石尾根は延々となだらかな下り坂が続き、道もよく整備されていて非常に歩きやすい。

午前6時過ぎに最後のピークとなる三ノ木戸山の分岐を超え、急な下り坂を降り、無事ゴール、と思ったのだが、ここから延々と駅までのながいアスファルトの道が
続いていた・・・もう膝の限界。

なんとか歩き続け、午前8時30分、無事奥多摩駅前の駐車場にたどり着く。


もえぎの湯という温泉に入る予定であったが、混雑を避けるためそのまま帰宅することとした。

歩行距離  約40キロ

コースタイム  到着 出発
お祭   17:50 0:50
小休止 林道 橋を渡ったところ 18:40 18:50 0:10 0:50
小休止 林道 ヘッテン装着 19:40 19:50 0:10 0:50
三条の湯 20:40 21:00 0:20 0:45
小休止 山道 21:45 22:00 0:15 0:45
小休止 山道 22:45 23:00 0:15 0:35
小休止 三条ダルミ〜山頂の中間 23:35 23:45 0:10 0:10
雲取山 仮眠する(激寒い) 23:55 1:45 1:50 0:45
小休止 奥多摩小屋過ぎたところ 2:30 2:45 0:15 1:00
小休止 七ツ石山を越えたところ 3:45 4:00 0:15 0:40
鷹ノ巣山避難小屋 4:40 4:55 0:15 0:50
小休止 将門門馬 5:45 6:00 0:15 0:40
小休止 三ノ木戸山手前の分岐 6:40 6:50 0:10 0:30
小休止 三ノ木戸山越えたところ 7:20 7:30 0:10 1:00
奥多摩 8:30  
コースタイム 9:50
4:30
14:20

戻る