四阿山・根子岳

■2006年11月4日(土):晴 菅平牧場管理事務所−根子岳−四阿山−中四阿−菅平牧場管理事務所(日帰り)
参加者        :単独


(クリックで拡大)


11月の3連休の後半がフリーとなったので、翌日に用事のある新潟と東京の中間地点&単独で手軽な日帰りハイク!が今回のテーマ。
雨飾山/妙高/火打などが候補(他にも越後駒ケ岳なども候補に挙がったが、コースタイム的に厳しい?)であったが、こんな機会じゃなきゃ
おそらく行かないだろう、と思われる四阿山/根子岳を目標にチョイス。ガイドブックを見る限りでは丘のような写真ばかりだったが、意外と
普通の山でした。


11月3日(金・祝)

私用を終え、自宅を22時前に出発。関越道〜上信越道を早朝夜間割引/深夜割引を活用して上田菅平ICに向かう。
IC近くの西友SSVというスーパー(なんと24時間営業。朝飯も行動食もここでGET。すばらしいです。もちろん客は誰も居ませんw)
を経由し、深夜12:30ごろ菅平牧場の駐車場に到着。意外と車が多い。


11月4日(土)

早朝4時過ぎに目が覚める。起床には早いが、寒くて寝れず。毛布1枚では厳しいか・・・
このまま7時までウトウトしつつ、7時過ぎになんとか起き出して着替え、朝飯を掻きこむ。


【7:38 菅平牧場管理事務所】
朝だから薄暗いのか、曇りだから薄暗いのかよくわからないが、風が強くて寒い。
駐車場から真正面に見えるのが根子岳。ここから見ると本当に”山”ではなく”丘”。
管理事務所脇から登っていく。
牧場の有刺鉄線沿いになだらかに登っていく。
遠くには黒い牛も見えるが、寝てるのか起きているのか・・・?
40分ほどで森林限界を超え、笹原が回りに広がる。
天気はどうやら良さそう。

【8:53 根子岳】


今回はヤマケイのガイドブック(関東の山100、とかいうタイトル?だったような)を見て山を選んだのだが、コースタイムを
見るのをすっかり忘れていた。とりあえず1時間強で歩いているのでいいペースだとは思うが・・・。

根子岳は見晴らしの良く(=風が強い)、
東側に四阿山がそびえ(=朝は逆光で眩しい)、
山頂は祠があるシンプルな(=風除けスペースすらない)・・・

そんな山頂です。


山頂にはロープでくくられた簡易ゲートが設置してあり、入山者をカウントしている模様です。
自然保護に一役買ってるのかな?

今回は一眼レフだけでなく、三脚まで持ち込んでパノラマ写真にチャレンジ。
水平が出ていないとデコボコになってしまうのが難点ですが、M(マニュアル)設定で絞り(TV)とシャッタースピード(AV)が
調整できるうえに、AF/MF切り替えがありますから、水平さえ確保できれば簡単に撮影できます。
フォトショップのパノラマ作成機能を使えば下↓のような写真(6枚を合成)もあっという間。
四阿山がちょっと露出オーバー気味ですがw、気にしないように。


(クリックで拡大)

慣れない撮影に苦慮しつつ30分もしたら手がかじかむほど寒い。
気温はそれほど低くないのだが、風が強いので体感温度が・・・
あわてて雨具を着込み、9:22に出発する。
根子岳〜四阿山のコルにて振り返る。陽が高くなり、空が青い。黄色い笹原と青い空のコントラストがきれいです。
コルから意外と急な登りを進むこと約30分、ところどころ先日降った後のある雪を見つつ、
樹林帯を抜けると中四阿との分岐。その先をすすむと木道が現れ、右手から四阿高原からの道と合流します。

【10:30 四阿山】


根子岳から1時間強で四阿山に到着。風も収まり、11月とは思えないポカポカ陽気。
狭い山頂には大勢のハイカーが犇めき合っていました。(20人以上いたかも・・・)

みんなコンロでお湯を沸かしてました。うらやましい。持ってくればよかった!!と思いつつ
行動食のカロリーメイトを頬張る。

※蛇足
カロリーメイトの栄養成分表を見てて思ったんですけど、1箱で400キロカロリーらしいんですが、なんと脂質が
22グラム〜???はぁ?糖質はたったの40グラム、タンパク質に至っては6.7グラムしかないんです。
カロリーメイトのカロリー源って、ほとんど脂質だったんですね。


セルフタイマーにて記念撮影。うしろに写っている祠の裏には大勢の人が・・・

※蛇足2
自分はハイドレーションシステムは導入してませんが、素早く手軽に水分補給できるよう、ザックに0.75Lのボトルを
括り付けて、歩きながら飲んでいます。スポーツドリンクの粉は1L用が多くていつも困っていたのですが、前述の
西友SSVにてアクエリアスリアルプロという500ml用の粉を発見!
しかも素晴らしいことに「瞬発系」と「持久系」がラインナップされているではありませんか〜
実際の効果の程はわかりませんが、500ml用の粉を0.75Lで割ると薄口でちょうどいい感じです。
これはオススメ!

10:45に山頂を後にし、丘のような登山道をスタスタと下山。
中四阿を経由して菅平牧場近くでは沢を渡渉します。(木の橋がかかっています)
再び牧場の鉄柵沿いに下山し、このゲートをくぐると管理事務所も目前。
管理事務所そばから撮影した全景。左から根子岳・中央奥に四阿山・右手前が中四阿。

【12:10 菅平牧場管理事務所】

またまた1時間強で駐車場に到着。
11月とは思えない、むしろ暑い位の陽気でした。

下山後、車で20分ほどのところにある須坂市の日帰り温泉施設「湯っ蔵んど」にて汗を流し新潟に向かいました。
ここの温泉、いろいろな湯船が整っている上に、脱衣場に”南極ルーム”(要するに冷房がガンガンに効いた汗が引くまで待つ部屋)もあり、
駐車場完備、露天からの眺めもよくて1人500円とかなりオススメです。(旅情は全くありませんが)